ブログ・コラム

プロになるのに、必要な期間はどれくらい?

2022.03.13コラム

楽器を始める。

上手くなりたいと思う。

練習をする。

少し上手くなる。

さらに練習をする。

それなりに上手くなる。

もっとうまくなるよう、いっそう練習をする。

練習練習
練習練習
練習練習
練習練習
練習練習
練習練習
練習練習
練習練習
練習練習
練習練習
練習練習
練習練習

・・・・・・・・・・・
こうして、楽器のプロになります。
・・・・・・・・・・・


では、プロになるために必要な期間はどれくらいでしょうか?
今回は、楽器別・プロになるまでに必要な期間について語らせていただきます。
・・・・・・・・・・・


◆ピアノ
ポップスで7-8年、クラシックの場合12年ぐらいかかります。(天才少年・少女は除く)


◆ヴァイオリン
ジャンルに囚われず、10年は必要でしょう。

◆ヴィオラ

たいていの人は、ヴァイオリンから転向します。
演奏法がほとんど同じであるために、そのようなことが可能なのです。
おおよそ、ヴァイオリンを触っている時間も含めて、プロになるまでに10年はかかります。

◆チェロ

最短で6年は必要です。また、最短でうまくなる人のほとんどがピアノ経験者です。(または、勉強もできる秀才)

◆コントラバス
最短で4年は必要です。

◆フルート
最短で7年は必要です。

◆オーボエ
最短で7年は必要です。

◆クラリネット
最短で5年は必要です。

◆ファゴット
最短で5年は必要です。

◆ホルン
7年は必要です。

◆トランペット
ジャンルにもよりますが、5年は必要かと思われます。

◆トロンボーン
最短で5年は必要です。

◆チューバ
最短で5年は必要です。

◆ハープ
最短で7年は必要です。


◆まとめ

今回は、最短でプロになるのに必要な期間について、
おおよその傾向を述べさせていただきました。
もっとも、人によって、ポップスやジャズ等のジャンルによっても事情が異なってきます。


はあ・・・プロになるって大変だなあ。。。。。
そう、思われる人は多いかもしれません。

しかし・・・・・・・


実は。


プロになるのは簡単です。


自らが「私はプロです!」と宣言すればいいのです!
音楽のプロになるために、国家資格などはいりません!

ぜひ、世界の中心で「私はプロです!」と叫びましょう!


注:レッスングリッドでは、ちゃんとしたプロの講師がそろっています。ご安心ください。

一覧