講師一覧

自己紹介

トランペット講師の石澤文太郎です!

立教大学を経て、国立音楽大学ディプロマ・コース 管打楽器ソリスト・コース修了
トランペットを木村英一、山本英助の各氏に師事
エリック・オービエ国際フレンチトランペット音楽院マスタークラスにおいて、エリック・オービエ、アンドレ・アンリの各氏のクラスを受講
日本トランペット協会のマスタークラスにおいて、奥山泰三氏のクラスを受講
現在エリック・オービエ氏のオンラインクラスに在籍中

日本クラシック音楽コンクール入賞者披露演奏会において日本クラシックオーケストラとして出演
第24回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 第2位
第22回日本クラシック音楽コンクール 入選
第16回「長江杯」国際音楽コンクール 第3位
2013年 日本トランペット協会主催トランペット・フェスティヴァル・オーディションに合格 同ソロコンサート出演
2022年 茨城県新人演奏会オーディション合格 同演奏会出演


~ごあいさつ~
トランペット講師の石澤文太郎です。
私は中学校の吹奏楽部でトランペットを始めました。
高校では音大を目指す音楽科の学生たちの技術と意識と高さ、部活とは異なるクラシックの勉強の専門性の深さを体感し、「自分には音大は無理だ」と考えあくまで部活の一環としてトランペットを吹き、立教大学に進学しました。
しかしながらトランペットを本格的に学びたいという思いは抑えきれず、立教大学在学中よりプロのオーケストラ奏者に師事しながらコンクールやオーディションに挑戦しておりました。
その後大学卒業後に国立音楽大学のディプロマ・コースに進学し、ソロ、室内楽、オーケストラ、吹奏楽のクラスで学びました。

トランペットの世界にのめりこんだきっかけは高校時代に演奏したロンドン・ブラスの「高貴なる葡萄酒を讃えて」でした。
金管アンサンブルの定番であるフィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルの演奏が大好きでCDをたくさん持っています。
オーケストラでは「ローマの祭り」や「ばらの騎士」、吹奏楽では「マインドスケープ」や「フェスティヴァル・ヴァリエーションズ」をよく聴きます。
他にもチック・コリアの「スペイン」やベニー・グッドマンで有名な「シング・シング・シング」などかっこいい系の曲が好きです。

演奏にあたってはまず徹底的にきれいな音、さらには突き刺すような鋭い音色、重厚で濃密な音色、かっこよさ、そして音楽的に説得力のある演奏にこだわっています。
それらを追求することが聴衆を魅了し、また何よりも自分が楽しく演奏できることにつながると確信しています。

私は部活動時代は独学でしたので安定した演奏ができず大変苦労をしてきました。
コンディションを崩し、1年間ボロボロの演奏しかできず悩んだ時期もありました。
だからこそたくさん研究して様々なやり方を試し、注意深く練習を重ねたことによって、少しずつ安定して良い演奏ができるように成長しています。
それらの経験を活かしてみなさんの練習のお手伝いができればと考えております。

これからトランペットを始める方
なかなか上手にならず伸び悩んでいる方
吹奏楽部の学生さん
私と一緒にもっと上手に、かっこよく楽しく演奏できるように頑張りましょう。

この講師に関する
体験レッスン申込・
問合せはこちら

体験レッスン申込 お問い合わせ

受講生の声

現在、受講生の声はありません。