ブログ・コラム

音大生の一週間(後編)

2022.02.22コラム

音大生の1週間について、
後編は金曜日から日曜日です!

ある音大生Aの例・・・

◆金曜日

一週間の疲れがたまってきたので、食堂で同級生と長時間雑談します。
そのために、授業をやすむこともあります。(そして、単位を落とします・・・)

そのあとは、練習室で長時間昼寝をすることもあります。
練習室の数には限りがあります。
まじめに練習したい学生にとっては、非常に迷惑な存在ですね。

また、やる気のない学生の場合、金曜日の午後には楽器をロッカーに入れて帰宅します。


◆土曜日

学校はお休みですが、「仕事」と呼ばれる演奏のアルバイトに出かけます。
ここで、しっかり人脈を形成することで、
卒業後にフリーでも生活できるようにするのです。


◆日曜日

この日も「仕事」と呼ばれる演奏のアルバイトに出かけます。
「仕事」は卒業後に嫌でもできるので、
学生のうちは個人練習に時間を割くべきであると、指摘する先生もいます。


◆まとめ

いかがでしょうか。

音楽大学は、学部卒業までに3000万円かかる学校もあります。
なかなか、財布に厳しいですねえ。
音楽大学にいくべき人は以下の通りです。

①才能が有り余る人。50代まで活躍する見込みがある人。
 普通に就職するよりもベターである場合。

②勉強が苦手であるが、大学卒業資格を取りたい人。

③音楽がすきでどうしょうもない人。
 覚悟がある人は強いです。

④家が金持ちで、一生食べるのに困らない人。
 現代の貴族ですね。

日本の一般企業は、あまり大学の専攻が重視されない傾向にあります。(とくに文系)
そのため、音楽大学に進むことも悪い選択ではないかもしれません。


◆補足

オンライン音楽レッスン「レッスングリッド」では、
音楽大学の卒業生で、指導力・演奏技術・人柄の全てが優れている音楽家を
講師として迎えております。

初心者から音大志望者まで、幅広く生徒を募集しております。
ぜひ、一度体験レッスンを受講してみてください。
お待ちしております!

一覧